投稿者: minyaneko

【懸賞当選報告】玉露園わさび風味こんぶ茶

玉露園さんからわさび風味こんぶ茶をいただきました!

お湯に溶かして飲んでもいいのですが、今回は野菜の漬物を2種類作ってみました。

【ごぼうのわさび風味こんぶ茶漬け】ごぼう1/4本を斜め薄切りにして火を通し、粗熱が取れたら小さじ1のわさび風味こんぶ茶漬けと一緒にジップロックに入れて混ぜる

【きゅうりのわさび風味こんぶ茶漬け】きゅうり2本を斜め薄切りして小さじ1のわさび風味こんぶ茶漬けと一緒にジップロックに入れて混ぜる

まろやかに味が馴染んで、手軽においしい漬物ができます。他の野菜でもいけると思います。

ご飯のお供やおかずを一品足したい時にぴったりです。

提供:玉露園ファンコミュニティファンサイト 参加中

玉露園
https://www.gyokuroen.co.jp/index.html

みなちゃんの懸賞生活
https://minyaneko.com/category/prize

【懸賞当選報告】もち吉★濃厚なチーズの贅沢な風味がくせになる【絶品チーズ煎餅】

もち吉様から、とっても濃厚なチーズのお煎餅をいただきましたー!じゃじゃーん!

一袋に濃厚チーズ味の薄焼き煎餅が2枚入り。

カマンベールを使って、三度の味付けをしているんですって。くせになって、一気にいただいてしまいました。

おうちで食べるのにも贈答用にも良いですね。

もち吉
https://www.mochikichi.co.jp/

提供:もち吉ファンサイト 参加中

みなちゃんの懸賞生活
https://minyaneko.com/category/prize

【懸賞当選報告】資生堂 赤い実の美容液 ベネフィークセラム

資生堂さんから、赤い実の美容液、ベネフィークセラムのサンプル3日分をいただきました!

洗顔後に一回分を手に取って、顔全体に伸ばしていきます。

透明なとろっとした液体に赤い粒。ほのかに甘いフルーティーな香り。程よくしっとりして気分が上がります!

肌に贅沢を(⁠*^-⁠^⁠*)

みなちゃんの懸賞生活
https://minyaneko.com/category/prize

母は認知症らしい。同居娘の介護記録 〜精神科受診拒否 その3〜

前回に引き続き、これは母が認知症になるずっと前の話。

母が妄想に関する何らかの精神障害を患わっているらしいということで、お金の問題に続き、母が起こした困った行動や発言についてエピソードを3つ。

まずは受験の話。

私は小学生の時に私立の中学を受験して、第一志望のそこそこ偏差値の高い学校に受かったのだが、その時母が言ったのが

「やっぱり血筋がいいから受かったのよ」

はあ?

母の兄の奥さんの遠縁(先祖?)が歴史上で有名な政治家だったらしい。その事自体はもしかしたら本当なのかもしれないが、血筋が合否に関係するような学校ではないし、そんな遠縁なんて辿らないでしょ?

なんか、なんか認識がおかしいのだ。

2つ目は、前回も書いた「再婚相手がいるのに他の人に邪魔されて再婚できない」という妄想から来ている話。

当時住んでたマンションの管理人さんがしていた大きな指輪を見て、母は

「再婚を邪魔している人から口止め料として指輪をもらって、邪魔を手伝っているに違いない、そして指輪を見せながらそれをほのめかしている」

と言ったのだ。

さらに母は、テレビ番組を見て

「出演者を通して再婚相手が結婚をほのめかしてくる、だけどプロデューサーがそれを邪魔してくる」と言ってテレビ局に抗議の手紙を書いたらしい。

母は、こういう普通では考えられない思考を元に行動をするものだから、困ってしまった。

3つ目は、私が通院していた心療内科に凸った話。

私が子どもの頃から母は、私の知らない間に、学校、私の友達の家、美容院に凸っては苦情を撒き散らすという問題行動を起こしていたらしいのだが、私が大人になってもそれは続いた。

私が通院していた心療内科をどこからか嗅ぎつけ、凸っては「ウチの娘が何を話したのか、どんな秘密を漏らしたのか」と責め立てたらしい。

おかげで私は自分の生活圏に居づらくなってしまった。

これが精神的な病気によるものだったら、服薬である程度は改善するらしいのだが、例えば統合失調症の場合は病識がない、つまり自分で病気だという自覚を持てない場合も多い。だから、通院を勧めても「自分は病気じゃない」と言い張って、なかなか治療に繋がらないのだ。

これまでのブログでも触れているが、母の場合も同様だった。

なので私は、母に精神科をいきなり受診させることは諦め、母が大病したらそのついでに先生に話して精神科の受診に繋げることを考えた。

☆まとめ
  • どうしても精神科の受診を拒否する場合、他の病気で病院にかかる時についでに受診させる方法もある(前もって先生に根回ししておくとなお可)

母は認知症らしい。同居娘の介護記録 〜お金の管理ができてない? その1〜

前回に引き続き、これは母が認知症になるずっと前の話。

母が統合失調症なのか妄想性障害なのか分からないけど、どうも精神がおかしいということで、実際に何が困ったか?

一つは、お金の管理が適切にできていなかった、ということ。

父と離婚した母。母自身は仕事をしていなかったし、祖父母も会社経営を引退して長いこと経っていたので、どこから生活費や私の私立校の学費が出ているんだろう?とは思っていた。

結論。持ち家を担保にお金を借りてた。(⁠-⁠_⁠-)

結果、その持ち家は売却することになってしまった。しかも2度も!

そして、持ち家の無くなった後、母は家を借りたのだが、それが東京23区内、駅から徒歩5分くらいの2LDK2階建て一軒家!

その頃母はパートを始めていたのだが、それでも母はだんだん同居の私に金銭的に依存するようになり、家賃の殆どを私が負担するようになってた。

家賃は、私の月収の半分以上だった。一般的には収入の3分の1以下が適切らしい。

なんで母はこんなに高い家賃の家を借りたのか?

聞いてみると、

「お金持ちと近々再婚する予定だったので、家を借りるのは短期間のつもりだったから。それが邪魔が入って再婚できずにずるずる来てしまった」

とのこと。

先のブログでも書いたとおり、母が再婚を予定しているというのはどう考えても辻褄の合わない話だった。

結局、そこに15年くらい住んで、最後は私が強引に賃貸アパートへの引っ越し手続きを進めることにした。

なぜもっと早く引っ越せなかったのかと言うと、それは主に2つ理由があり、

1つは、その一軒家に引っ越したときに職場から少しだけ遠くなってしまい、通勤費が増えたことで会社から文句を言われたため。

もう1つは、賃貸の保証人になってくれる親戚がいなかったため。

しかし後者に関しては解決法があった。これは後のブログで。

お金の管理のことに話を戻すと、後に社会福祉協議会へ聞きに行って分かったことなのだが、

精神疾患によって財産が管理できなくなった場合、成年後見制度によって家族が代わりに財産を管理するという方法もある。

しかしこれは医師などの第三者の介入を必要とするし、鑑定に10〜20万円の費用もかかるため、ウチは利用を断念した。

☆まとめ
  • 家族が自分で財産を管理できなくなったと思ったら、成年後見制度を利用する方法がある。ただし条件や費用については要確認。

次回は母の妄想の結果、困ったことの続き。たぶん。

母は認知症らしい。同居娘の介護記録 〜精神科受診拒否 その2〜

これは、母が認知症になるずっと前の話。

明らかに母の言動がおかしいので、母に精神科を受診させようと試みるも、母は受診を拒絶。

そこで、精神科の先生のアドバイスを得て、母にはまず、「(精神科ではなく)心療内科に行ってほしい」という言い方で、クリニックに行くことを勧めた。しかし、「精神科と同じでしょ」とあっさり言われてしまった。

次に母が精神的に参っていることを理由にして、「再婚を邪魔されて参ってるんでしょ?」と母に言ってみた。しかしこれも、「私は病気じゃない、病院なんて行く必要ない!」と完全に拒絶されてしまった。そして私は再度、先生に相談しに行った。

そこで、娘の私が困っているという体で、私がお世話になっていた精神科の先生に、母を呼び出してもらうことにした。そしてその時に母のカルテも作ってもらうことになった。

しかし。

母はやはり受診しなかったらしい。

先生によると、電話でアポイントメントを取ったのだが、母はその日に来なかったのだそうだ。

母を問い詰めると、先生に来いと言われたその日、都合が悪くて行けなかったのだと。

もうこれ精神科に出向く気、完全にないだろ。

それから先生の私に対する態度もだんだん冷たくなっていった。

当時、私は30歳くらいだったのだが、先生から「結婚して家を出るという発想はないのか」とか「母を別居させて生活保護を受けさせたらどうだ」とか怒られるようになった。

結婚は相手があってのことだし、そもそも家庭がこんな状況なのが原因で結婚まで辿り着かないことだってあった。

そう先生に伝えると、「愛が足りないからでしょ!?」とのこと。

また、母のように低収入の場合、生活保護を受けられるのは確実なのか、と先生に尋ねたところ、「それは分かりません」と言われてしまった。

それは最悪の場合、生活費が2倍になるだけだし、私は正社員だけど私の収入でそこまでは賄えない。

例えば「実家」というものがしっかりあって、母にも相応の資産や収入があれば、母と物理的に離れるという手段もあったのかもしれないが、ウチはそうではなかった。先生はそこら辺の事情をあまり汲み取って下さらなかったように思う。

そんなことがあり、私は他の精神科に転院することとした。当時住んでいた区内にあるところで、評判の良いクリニックを選んだ。

そこの先生は優しくて、とても親身になって話を聞いてくださり、いろいろな制度も紹介してくださった。

心療内科・精神科は、今まで4人の先生にお世話になったけど、

自宅と同じ自治体のクリニックでは、その地域の医療・福祉に詳しく、サービスも紹介してもらえるというメリットがある。

例えば、「福祉タクシー」というもの。私が紹介してもらったのは、患者が暴れて通院を拒絶しても屈強な男性が抑えつけて病院まで運ぶというサービス(驚)で、確か1回1〜2万円程度でやっているらしい。

ウチは利用しなかったし、今もあるのかは知らないが、そういう情報を教えてもらえるというメリットは大きいと思う。

ところで、母の言動がおかしいことで実際何が困ったのか?それに対してどう対処しようとしたのかは、また次回。

☆まとめ
  • 医師との相性もある。合わない場合は変えることも検討する。

  • 自宅と同じ自治体のクリニックに行くと、地域の医療・福祉、サービスの情報が得られることもある。

【懸賞当選報告】新日本製薬 Wの健康青汁

新日本製薬さんから、Wの健康青汁をいただきました!!

新日本製薬さんの公式サイトを見ると…

「肥満気味で体脂肪・内臓脂肪・血中中性脂肪が気になる方、高めの血圧が気になる方に」だと。

はーい、それは私のことでーす!!

先月受けた健康診断で、「肥満です。内臓脂肪の蓄積が疑われます」と指摘されてしまったからなあ。

そこで、いただいた「Wの健康青汁」を、食事やおやつと一緒にいただくことにしました。

1回分がスティック状の袋に分包されていて、粉末の中身を水に溶かして飲みます。

味は薄め、緑の香りがしてクセはほとんどありません。

ランチと一緒に、とか、毎日3時に、とか、飲むタイミングを決めておくのが毎日続けるコツです。

1ヶ月飲み続けて変化があるといいな。

新日本製薬 Wの健康青汁
https://www.shinnihonseiyaku.co.jp/item/24010000/

みなちゃんの懸賞生活
https://minyaneko.com/category/prize

母は認知症らしい。同居娘の介護記録 〜精神科受診拒否 その1〜

これは、母が認知症になるずっと前の話。

母の「最近の予定があるんだけど邪魔が入っていて、テレビとかでそれをほのめかしてくる」という発言の内容が明らかにおかしいので、私が当時お世話になっていた精神科の先生に相談することにした。

私自身、母のおかしな発言とそれにまつわるトラブル、仕事の激務でおかしくなっていたので、定期的に精神科に通っていたのだ。

先生は、とてもフレンドリーな語り口で話し、紳士なルックスの方だった。

診察の時に先生に事情を話すと、まず、母の診察をしないことには始まらないので、母に診察に来てもらうようにとのことだった。

そして家に帰って母に「絶対言ってることおかしいから、精神科に行って」と言うと、母は

「私は病気じゃない!!!」

と激怒。

何度理論的に説明しても、自分は絶対病気じゃない、と言い張る。

統合失調症にしても、妄想性障害にしても、病識が欠如していることが多いのだ。

病識とは、病的な状態だと自覚・自認することを指す。

病識が欠如していると、診察に繋げるのが難しい。精神科なら人によっては偏見があるのでなおさらだ。

ただ、そのような場合は別の方法で精神科の受診につなげることができると先生からアドバイスを聞いたので、まとめてみた。

☆まとめ
  • 精神科→心療内科 に言い換えるなど、イメージを変えて言ってみる

  • 本人が困っていることからアプローチする(物忘れが増えた、周りから責められてるようでノイローゼ気味だとか)

  • 家族が困っているようなので来てほしい、という体で病院に呼び出す

  • 本人が病院に出向くのではなく訪問診療という形にする

【懸賞当選報告】新商品マツキヨ&ココカラ限定品 汗かきエステ気分 小悪魔の眠り&天使の誘い

ナニコレかわいいっ!(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)

マイメロちゃんとクロミちゃんの入浴剤が当たりましたっ!!

マツキヨ&ココカラ限定品の「汗かきエステ気分 小悪魔の眠り&天使の誘い」

それぞれマイメロちゃんとクロミちゃんのパッケージ。マイメロちゃんが「天使の誘い うっとりピュアな香り」で、クロミちゃんが「小悪魔の眠り ミステリアスな香り」ですって。

さっそくお風呂に入れてみると…

マイメロちゃんの方は、甘いフルーティーな香り。幸せな気分でお風呂に入れます(⁠人⁠*⁠´⁠∀⁠`⁠)⁠。⁠*゚⁠+

クロミちゃんの方は、確かにミステリアスな香り。悪いことしたくなっちゃうかも!?

ついついシャワーで済ませがちだけど、これなら湯船に浸かる習慣ができそうです。

汗かきエステ気分
https://soapmax-shop.com/brand/asekaki_esthetic.html

みなちゃんの懸賞生活
https://minyaneko.com/category/prize

母は認知症らしい。同居娘の介護記録 〜母の言動は妄想? その1〜

母が認知症だと分かったのは最近なんだけど、思い返してみればもっと昔から、変だなと思ったことはあった。

後で知ったこともあるのだが…

私は中高一貫のプロテスタント系の学校に通っていた。

プロテスタント系の学校は、保護者会でも院長先生が保護者向けにキリスト教の説教をするのだけど、母曰くその中で、「あなたが必要としている人はあなたの側にいます」というようなことを院長先生がおっしゃったらしい。

恐らく聖書からの引用で、まあ、よくキリスト教の説教にあるような文言だよね。

これを母は、

「自分とお金持ちの男性が結婚する予定なのを院長先生が知っていて、それをほのめかしてきた」

と受け取ったらしい。

そのことを母が話してきたのは、私が高校を卒業して数年後のこと…。

その頃母は、

「お金持ちの男性と再婚する予定なんだけど邪魔が入ってできない」

というようなことを言っていた。最初は私も母の言ってることを信じていたのだが、要領を得ないので、母によくよく話を聞いてみることにした。

母の言うことをまとめてみると、

「相手は海外ツアーで出会ったツアコンの男性で実家はお金持ち、再婚の準備に向けて実家を建て直してる。けど再婚を邪魔する人がいて、自分の周りの人にお金を渡して協力してもらってる、そしてテレビで出演者が自分に向けて、再婚するなとほのめかしてくる」

のだとか。はぁ。

明らかにおかしいので、その相手と母とは会っているのか?今度会わせてくれないか?と私が母に言ったところ、母は口ごもってしまった。

もしかして、結婚の妄想!?と思ってネットで検索したところ、

「統合失調症」というワードが上がってきた。これが母の症状に近いっぽい。

そして統合失調症について調べてみたら、

統合失調症もいろんな型があり、妄想や幻覚が主体の「妄想型」というのがある

んだそう。

しかし、幻覚症状というのは母には無さそうだった。

また、

統合失調症の症状は「陽性症状」と「陰性症状」に分けられる。

陽性症状には、幻覚や妄想の他に会話や行動にまとまりがなくなる、突然興奮して叫ぶなどの症状がある。

陰性症状には、周囲に無関心になったり、意欲や集中力が落ちるといった症状があるらしい。そして放っておくとどんどん引きこもる傾向にある、とも。

しかし、この陰性症状らしきものも母にはない。

さらに調べると、「妄想性障害」という病気があることが分かった。

妄想性障害は妄想が長く続くことが特徴で、さらに妄想にもいろいろな種類がある。

その一つに「誰かに愛されている」というのがある(被愛型)。

統合失調症と似ているんだけど異なる点は、

  • 幻聴や幻覚が強くない
  • 感情が鈍くなったり、意欲が大きく減退したりすることがない

のだそう。こっちの方が、母の症状に近いような気がした。

いずれにしても医師の診断と治療が早めに必要だと考えて、私は医師に相談することにした。

☆まとめ
  • 言動がおかしく、妄想っぽいことを言っているようならそれは「統合失調症」か「妄想性障害」かも。精神科や心療内科に相談してみること。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031